Organ-on-a-chip

Organ-on-a-chipを用いた各臓器の生理学的性質の再現により、Organ-on-a-chipの毒性試験、安全性試験への活用やバイオマーカーの同定等への活用が期待されています。

PEIJチップセンターにおいて、評価法の具体化等に資するOrgan-on-a-chipを活用した研究開発・試験及び我が国でその活用の促進が図られますよう、アカデミア、企業の皆様と協働いたします。

また、SMAに関する論文、Genetic screening of spinal muscular atrophy using a real-time modified COP-PCR technique with dried blood-spot DNA. Brain & Development (in press)、が、Brain & Development誌に受理されました[2017.04.19]。今後、同知見をOrgan-on-a-chipの開発に活かしてまいります。